ホーム
フリーダイヤル 0120-404-887

リフォーム対応地域

三鷹市、武蔵野市、調布市、府中市、小金井市、
杉並区、世田谷区、練馬区、小平市、西東京市、
及び、東京都全域、神奈川県、埼玉県、千葉県

リフォームのヒカリ建装

リフォームメニュー
施工事例
よくある質問
会社案内
お問合せ
お客様の声
ペットと暮らすためのリフォーム
ケアリフォーム
三鷹市のヒカリ建装をもっと知ろう。
QRコード

お客様の笑顔を見るため
いつだって全力投球!


私達はそんなリフォーム会社です。


誠意と真心で最良のリフォームをご提案します。

ペットと暮らす快適リフォーム


ペットリフォーム

犬や猫は、もはや単なるペットではなく、
子供同様に家族の一員とお考えになる方も多いの
ではないでしょうか。


かく言う私もその一人で、3匹の猫と暮らしています。


そこで最近は人間だけでなく、ペットも共に快適に暮らせる住まいづくりが注目されています。


ここではそんな人とペットのユニバーサルデザイン商品をご紹介します。



ペットリフォームに適した床材


ワンラブフロア(大建工業)

滑り難く、傷や汚れに強いフローリング。
「よだれ」や「おしっこ」などによる、変色しずらい「ステンガード機能」が
付いているので、アンモニアなどの強い刺激でも大丈夫です。



ワンラブフロア


色見本 色見本 色見本



ファブリックフロア(東リ)

ファブリックフロア

高齢犬は時としてフローリングに滑り、肩関節脱臼の恐れがあります。
(ミニチュアダックスに多い)


そんな時、カーペットなら心配無用。


パイルがループしてないカットタイプ
なので、爪が引っかかる心配はないし、400角のタイルカーペットなので、
汚れた部分だけをはずして洗ったり、交換したりできます。



ペットリフォームに適した腰壁・壁材


腰壁パネル

腰壁パネル(パナソニック電工)

床から80cmくらいまでを腰板貼にすることで、
マーキングや爪とぎに対応。
特殊強化化粧シート貼なので、傷が付きにくく、
お手入れも簡単です。




腰壁パネルの例



さらりあ〜と

さらりあ〜と(大建工業)

壁紙の約7倍の調湿性能を持ち、ペットボトル
一本分(約500ml)の湿気を調湿します。
また高い消臭機能も兼ね備えているので、
お部屋の空気はいつも爽やかです。




ペットリフォームに適した壁紙等


スーパー耐久性クロス(サンゲツ)

表面がフィルム加工されているので、引っかき傷に強く、汚れ防止性に
優れています。


ルームエアークロス(サンゲツ)

アンモニアやメチルメルカプタン等の嫌な臭いを吸着します。


通気・吸放湿クロス(サンゲツ)

湿度の変化に応じて吸湿・放湿し、結露やカビの発生を抑えます。


ワーロンシート(ワーロン)

敗れない障子紙。和紙を塩ビでサンドイッチ。風合いは障子そのもの。




その他のペットリフォームに適する商品


ペット用ドア(各社)

ペットのトイレはなるべく洗面所や廊下に置きたいものです。
しかしそのためにドアを少し開けたままにしておくのは・・・
冷暖房がもったいないし。


そんな悩みを解決するのがこのペット用ドアです。


扉を閉めた状態でも自由に出入りできるくぐり戸です。
しかも後付け可能なので、扉自体を変える必要はありません。
(扉のデザインによっては取り付けが困難な場合があります)
サイズも3種類あり、引戸にも取り付け可能です。



ペット用ドア




インテリアカウンター(パナソニック電工)

猫は犬と違って三次元の立体の動線をもちます。
高い所や狭い所が大好きです。
そんな猫ちゃんのために壁面にカウンター材を用いて猫専用の階段を
作ってみてはいかがでしょうか。
表面はシリコン塗装仕上げなので、お手入れも簡単です。



インテリアカウンター




ペットとの共生


犬との共生住宅

犬との共生を考えた住宅

世界的に犬を「飼う」歴史は古く、
かなり昔から犬達は人の側で暮らし、
人のために「仕事」をしてきました。



盲導犬や介助犬、警察犬のように、今も変わらず仕事をしている犬達もたくさんいますが、 一般家庭では、最近は仕事はさておき、「伴侶」的な存在へと様変わりしてきた気がします。
一緒に暮らし、癒しや愛情を注ぎ・求める、そういった理由から犬を飼うお宅が増ています。


今でも番犬というお仕事をしている犬達もいますが、一般家庭ではその殆どが愛玩犬として人に寄り添い生きています。
いずれにしても意味合いは伴侶的要素が色濃く、固い絆で結ばれた家族といえるでしょう。


犬との生活



犬は元々群れを成して生活していた動物です。
そして今の犬にとっての群れ(家族)の構成員は、殆どの場合人間ですので、 私たち人間が犬達の精神に与える影響は計り知れません。
更に、犬達の生活の場である「人間の家」も犬達の精神に与える影響は少なくありません。


犬は「人の」家の中で、犬の生活を犬なりに勝手にしているのではなく、 依存するそれぞれの飼い主の影響を多分に受けながら生活しています。


生後間もなく母犬から引き離され、ペットショップ等に並んだ子犬達は、
巡り会った飼い主が、折に触れ促さないと、十分な社会適応能力を
身につけられないばかりか、人間とは違い、自らすすんで社会参加が
出来ない以上、規範的行動を自覚する機会もありません。


つまりはすべてが飼い主しだい・・・、
飼い主が、最後まで全責任を持って「共に」生きなければならない・・・
これが犬との「共生」を意味します。


つまり、犬を対象とした「ペット共生住宅」とは、
犬の気持ちを分かったつもりの、人間の独りよがりの快適さや、
犬用の設備や建材を用いた“箱=家”のことを指しているのではなく、
犬と共に暮らす家族形態に対応できる住宅」ということになります。


犬達




猫との共生住宅

猫との共生を考えた住宅

猫との暮らしの中で起こる、「家の悩み相談」は
少なくありません。
そして、そのほとんどが、マーキング(おしっこ)や
爪とぎによる、室内のダメージに関するものです。


では、あなたの大切な猫ちゃんは、
なぜ、あなたの大切な家を壊すのか?


猫は犬とは対照的に、しつけてもあまり言うことを聞いてくれないという
側面があります。(人に媚びない姿勢が魅力的という方もいますが…)


しかし、家の中で共に暮らす以上、猫にも一応は最低限のマナー(?)を
守ってもらいたいものです。


当然のことながら、猫も「躾」はできるのです。
飼ってる方ならよくご存知でしょうし、トイレに関する神経質さなどは人間も見習うべきほどです。


しかし、たしかに猫は家を破壊します。
家具も引っ掻けば、壁も引っ掻けば、障子や襖も破きます。


でも、叱らずに時間を掛けて根気よくしつければ、 爪を研いでほしくない場所も、おしっこをしてはいけない場所も覚えてくれるものです。
(男の子のマーキングは去勢していない場合は本能なので難しい)


ただ、その躾の方法が犬とは若干異なることと、「躾を行った」成果が
あまり感じられない(満足いかない)という現実もあります。


ですので、まずは問題の根本である
「猫はなぜ私の家を壊すのか?」
という憂うべき問題に対して、答えを導く必要があるでしょう。



猫



以下は、完全家猫(お外に全く出さない猫)の、猫目線の、
ある日のノンフィクションですが、突き詰めると猫に求める以前に、
飼い主サイドのやるべきことが見えてくるかもしれません。



(=^・ェ・^=)


僕は一年中、毎日24時間、
ずっとお家の中に居るから
退屈してるんだ…。
あれっ!? こんなところに虫がいたよ!

テントウムシ


目の前を引っ掻いてみたら破けちゃった!
⇒ クロスの破損

破くの面白〜い^^
もっと引っ掻く!引っ掻く!


おやっ? なんか出てきたョ!?
⇒ 下地の石膏ボード
あれっ? 白い粉が出てきたよ!
なんだか粉がたくさん出てくる!
おもしろい おもしろ〜い^^
もっと引っ掻いて掘っちゃおう!
⇒ 石膏ボードが削れて飛んだ粉

「ごはんだよ〜っ」


あっ、もうごはんの時間なの?
じゃぁ、いっただきま〜す!

⇒ 猫の食事中に壁の破壊を発見。(泣)
  ダンボールで応急処置。。

あれ? さっきの場所、なんか変えた?


これも引っ掻いていいの?
⇒ ダンボールで応急処置した箇所を発見
これ、メチャ気持ちいいよ!
すご〜い爪研げるじゃん。
わぁいい感じ!
僕すごく気に入ったぁ^^
⇒ 狂ったように爪を研ぐ猫…
あーぁ、外れちゃったよ…。
さげぽよ〜。。
これじゃ引っ掻きにくいなぁ。
他にないの?
退屈。。。
⇒ 繰り返し・・・


上記の例は、たまたま季節外れに壁に小さな虫がいたという些細な
きっかけで起こった、「ノンフィクション破壊行動」の1シーンです。


この他にも、向こう側に行きたくて(例えば廊下)ドアを引っ掻いて傷つけたり、 マーキングしたり(これはブリーダーでもない限り去勢してあげればすむこと)、 人間サイドから見れば「問題行動」としか呼べない困ったことを猫は次から次へとしでかします。


しかしそれらの問題行動の殆どが、猫に「退屈させない空間」を与えて
あげることで、解決できるということをご存知でしょうか…?



キャットウォーク



上記の犬との共生も、猫との共生も、
冒頭で紹介した、いわゆるプチリフォームの域を超え、どちらかというと「改築」に近い(特に猫の場合)ものですが、増改築のページに記すより、
テーマがマッチするこちらのページでご紹介させていただきました。


製品から考えるペットリフォームも、空間から考えるペットリフォームも
これからニーズが増えていくことでしょう。


まだまだペットリフォームを手掛けているリフォーム業者は少なく、
且つ、ペットの気持ちを理解できるリフォーム業者となれば、更に少ない現状で、弊社はいち早くペットリフォームに取り組んできました。


参考までに、弊社が作成し、かなり以前に動物病院やホームセンターに
置かせていただいたチラシを掲載します。 ⇒チラシの表 ⇒チラシの裏


上記チラシには、既に生産が終了した商品も掲載されていますので、
このチラシは今はもう使えませんが、この様にそんなに前から、
三鷹市のヒカリ建装は、ペットリフォーム取り組んでいたということです。


ちなみにこのチラシですが、予想以上に持ち帰る方が多かったことから
ペットリフォームに対する関心の高さとニーズを感じたものです。


ペットリフォームなら、
ペット目線で施工ができる、三鷹市ヒカリ建装にぜひご用命下さい。



リフォームの道具


ワンポイントアドバイス

ペットもシックハウス症候群になることがあるので、
リフォームの際は十分に注意する必要があります。


ご存知の通り、動物の嗅覚は人間とは雲泥の差です。
中でも犬の嗅覚は人の100万倍ともわれます。
(警察犬を例にとればお分かりになるでしょう)


塗料や接着剤といった化学物質でできたものの臭いは、
当然のことながら臭覚の鋭いペット達を苦しめます。


時にはアレルギーや皮膚病といった症状も認められ、
状況は思いのほか深刻化してきています。


リフォームの際は十分気をつけたいところです。


まずはお気軽にご相談ください。増改築お問合せフリーダイヤル 0120-404-887


三鷹市のヒカリ建装 リフォームお問合せご相談フリーダイヤル 0120-404-887


【 このページのトップへ 】

キッチンランキング
ランキング No.1サンウエーブ
サンヴァリエ〈リシェル〉
キッチン1

ランキング No.2サンウエーブ
サンヴァリエ〈アミィ〉
キッチン2

ランキング No.3サンウエーブ
シエラ
キッチン3
浴室ランキング
ランキング No.1TOTO
サザナ Tタイプ
浴室1

ランキング No.2イナックス
ラ・バス
浴室2

ランキング No.3パナソニック
ココチーノ Sクラス
浴室3
トイレランキング
ランキング No.1TOTO
ネオレスト AH type
トイレ1

ランキング No.2TOTO
ネオレスト RH type
トイレ2

ランキング No.3TOTO
ネオレスト D type
トイレ3
フリーダイヤル 0120-404-887

住宅リフォームのヒカリ建装 TEL:0422-48-4887 FAX:0422-48-2278


COPYRIGHT(C) ヒカリ建装 ALL RIGHTS RESERVED.